子育て家庭に医療費を支給します(ひとり親家庭等医療費)

本文にジャンプします
子育て家庭に医療費を支給します(ひとり親家庭等医療費)
 市では、ひとり親家庭(母子・父子家庭、親に代わって子どもを育てている養育者家庭、父または母に一定の障害がある家庭)のかたが医療保険制度で医療にかかった場合に、支払った医療費の一部を申請に基づき助成する制度を実施しています。(児童扶養手当に準じた所得制限があります。)
 登録申請していただき、受給者証の交付を受けなければ助成は受けられません。原則として申請を受け付けた日から支給の対象となります。

<目次>
対象者  所得制限額  登録方法  助成対象  医療費の請求方法、提出先  届出について  適正受診のお願い

対象者

 ひとり親家庭等の18歳到達後最初の年度末までの児童(一定の障害がある児童は20歳未満まで)とその母(父)または養育者
※ こども医療費支給制度を受けることができる児童は、こども医療費で助成を受けてください。

所得制限額

扶養人数  本人  配偶者・扶養義務者 
1,920,000円 2,360,000円
2,300,000円 2,740,000円
2,680,000円 3,120,000円
3,060,000円 3,500,000円
3,440,000円 3,880,000円
※ 一律控除(8万円)のほか、諸控除が受けられる場合があります。

登録手続きに必要なもの

(1) 請求者及び児童の戸籍謄本(申請日から1か月以内に発行のもの)
(2) 所得証明書(平成29年11月13日以降受付分は省略可)
(3) 健康保険証(申請者及び同住所地に住む方全員分)
(4) 印鑑
(5) 請求者名義の口座番号がわかるもの
(6) 本人確認ができるもの
(7) 個人番号が確認できるもの(申請者及び同住所地に住む方全員分)

※ 児童扶養手当が認定となっているかたは、(1)(2)の書類は児童扶養手当証書をもって省略することができます。
※ マイナンバー制度による情報連携が開始されたことにより、平成29年11月13日受付分から(2)の書類は省略可能となっています。
※ その他、申請事由に応じて別途必要となる書類がある場合がありますので、担当までご相談ください。

助成対象となるもの

 助成対象となる医療費は、病気やケガなどで医療機関にかかったもので、保険が適用されるもの(保険診療分)に限ります。
 なお、保険診療分から自己負担金(※)及び加入している健康保険組合から支給される高額療養費や附加給付金等の額を差し引いた金額を支給します。

助成対象外のもの
・入院時の食事代 ・交通事故など第三者行為による受診
・保険外の自費のもの(文書料、健康診断、予防接種、薬の容器代、入院時の差額ベッド代など)

※ 自己負担金については、次のとおりです。
●入院の場合 入院1日につき     1,200円
●通院の場合 1医療機関1か月につき  1,000円
 ただし、市町村民税が非課税のかた及び薬局分については、自己負担金はありません。

医療費の請求方法

 ひとり親家庭等医療費支給申請書の上半分についてご記入いただき、次のいずれかの方法で提出をしてください。
 (1)申請書の領収書欄に医療機関等で証明をしていただく。
 (2)申請書の領収書欄に医療機関発行の領収書(原本)を添付して提出していただく。

 提出場所は次のとおりです。
市内の医療機関等の場合 → 申請書を医療機関等窓口に提出してください。後日市が回収します。

市外の医療機関等や市内の柔道整復(整骨・接骨)の場合 → 次の場所へ提出してください。
 (ア) 市役所子育て支援課 (イ) はぴすしらおか1F (ウ) 白岡駅西口階段下の市役所連絡所 (エ) 東児童館 (オ) 西児童館

 ※ 休日に申請したい場合は、(エ)は第4土曜日を除く土、日 (オ) 土、日((エ)、(オ)共に年末年始を除く)も提出可能です。
 (イ)~(オ)では、質問内容によっては対応できない場合があります。
 申請書は、各提出場所に用紙を設置してあります。また、白岡市ホームページからのダウンロードや記入した申請書をコピーしての申請も可能です。 
《補足・注意事項》
※ 申請書は、1つの医療機関につき、1か月1枚提出してください。病院と薬局や、入院と外来の場合、それぞれ申請書が必要です。
※ 申請書は、市ホームページからダウンロードができます。
※ 領収書を添付いただく場合には、領収書に(1)受給者の氏名(2)診療年月日(3)保険点数(4)医療機関名等(5)一部負担額(窓口で支払った金額)が印字されている場合のみ受付できます。
※ 医療機関へ医療費(一部負担金)を支払った日から5年以内に申請してください。5年が経過すると、時効となり支給ができません。
※ 保険診療分が21,000円を超える金額の場合は、高額療養費等に該当するかどうか健康保険組合へ確認が必要となります。
※ こども医療費の支給対象となるお子さんについては、こども医療費で申請してください。

次の場合は子育て支援課へ届け出てください。

(1)ひとり親家庭等でなくなったとき(事実婚も含みます)
(2)住所、氏名や加入保険に変更があったとき
(3)その他受給者証の内容に変更があったとき

適正受診にご理解とご協力をお願いします。

●「平日は休めない」「夜は待ち時間が短いから」「昼間は都合が悪い」などの理由で、軽い症状でも、休日や夜間に病院の救急外来に受診する、いわゆる“コンビニ受診”が増えておりますが、休日・夜間は医療機関に支払われる医療費も高く設定されており、窓口負担も高くなります。
 保険料や窓口負担として皆様にご負担いただく医療費を有効に活用するために、医療機関・薬局へのかかり方を見直して、医療費の節約にご協力ください。
●同じ病気で複数の医療機関を受診する、いわゆる”はしご受診”は控えましょう。
●薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談しましょう。(薬のもらいすぎに注意しましょう。)