DVのない社会に

本文にジャンプします
DVのない社会に

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは 
 DVとは、配偶者や恋人など親密な間柄で振るわれる暴力のことです。
 本来、対等な関係の男女間において、力で支配しようとして暴力が起きます。その背景には、女性を男性より低く見る意識や性別による固定的な役割分担意識、男女の経済的格差などがあります。被害者は、圧倒的に女性です。

交際相手からの暴力 
 大人だけでなく、中学・高校生や大学生など交際する者同士の間でも起きています。この交際相手からの暴力を「デートDV」と言います。
 嫌われたくない、別れたくないと、我慢してしまうと暴力は続きます。

暴力は犯罪です
 
親しい間柄であっても殴れば、それは犯罪行為です。
 DVは、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であり、「決して許されないもの」であると認識しなければなりません。

暴力は身体に与えるものだけではありません
 
次のような行為がDVに該当します。

 身体的暴力  殴る、蹴る、物を投げつける、刃物を振りかざすなど

 精神的暴力  大声でどなる、何を言っても無視する、「役立たず!」などの暴言、人前でばかにする、電話やメールを
       細かくチェックする、友人との付き合いを制限する、外出を禁止するなど

 性的暴力   性的行為の強要、中絶の強要、避妊に協力しないなど

 経済的暴力  生活費を渡さない、外で働くことを許さない、お金を取り上げるなど

 子どもを利用した暴力   子どもへの加害行為をほのめかす、子どもに被害者が悪いと思わせるなど

 精神的暴力のほうが身体的暴力より深刻な場合が多くあります。暴力を受けた人の心は深く傷つきます。

子どもの目の前で配偶者に暴力を振るうことは児童虐待です
 DVは、被害者への影響だけでなく、暴力がある家庭に育った子どもたちにも深刻な影響を与えます。
 暴力を目撃したことによって、子ども自身にさまざまな心身の症状が現れることがあります。
 また、感情表現や問題解決の手段として暴力を用いることを学んでしまい、世代を超えて暴力が受け継がれる心配があります。

暴力を振るうほうが悪いのです
 
被害者は、「私への愛情だから。」と思っているかもしれませんが、それは違います。加害者は、暴力で相手を支配しようとしています。
 被害者は「私が悪いから」「私さえ我慢すれば」と暴力に耐え、「逆らったらもっとひどい目に遭う」と相談できずに悩み続けることになります。
 被害者は、暴力に耐え続ける生活の中で、身も心も傷つき、無力感や孤立感を深めていき、暴力から逃げられなくなってしまいます。

相談するところがあります
 もし、DV被害に遭ったら、ひとりで悩まず、専門の相談機関等に電話してください。 
 被害者の友人や家族のかたは、決して自分の価値観で諭したり、「我慢が足りない」などと非難したりしないでください。
 また、避難先や聞いた内容は、加害者の耳に入ると、暴力がエスカレートするおそれがあるので、聞いた話を他人に話さないでください。被害者のかたには専門の相談機関やDVについて正確な情報提供をしてください。

 DVに関する相談窓口
  
      主なDV相談窓口一覧
      市女性の相談室

  
  関連リンク
  埼玉県男女共同参画課ホームページ
  東部中央福祉事務所ホームページ