白岡八幡宮奉納絵馬群

本文にジャンプします
白岡八幡宮奉納絵馬群

                   巴御前

種 別

市・民・有形民俗

時 代

江戸時代、明治時代、昭和時代

員 数

32

法 量

所在地

白岡市白岡

指定年月日

平成14年12月6日

所有者
(管理者)

白岡八幡宮

備 考

 








 白岡八幡宮の奉納絵馬群は、近世後期から昭和時代までを中心とする白岡八幡宮への信仰、地域の習俗を知ることのできる貴重な資料である。最古は文政3年(1820)銘、最新は昭和42年銘である。絵馬11面、扁額21面となっている。図柄で分類すると、神話、武者・物語、芸能、参拝・講、戦役、拝みなどとなっている。
 特徴的なものとして、文政11年(1828)銘「神功皇后と武内宿弥」、天保5年(1834)銘「韓信の股くぐり」などを始めとする大絵馬がある。また、意匠性の高い田宮流の大小木刀や相撲板番付などは、当社の信仰層の幅広さ、地域の娯楽と経済的余裕をうかがうことができる。