白岡八幡宮のカヤ

本文にジャンプします
白岡八幡宮のカヤ


種 別

市・記・天然記念物

時 代

員 数

1本

法 量

幹廻5.0m、樹高26.8m

所在地

白岡市白岡

指定年月日

昭和50年11月1日

所有者
(管理者)

白岡八幡宮

備 考

 








 和名:カヤ(榧)、イチイ科の高木。樹齢約500年と推定される。社殿のすぐ東側に、天を突くようにそびえ立つ姿は、古い歴史を誇る当社の御神木にふさわしい。カヤは、雌雄異株であるが、指定木は雌木で、毎年たくさんの実を付ける。かつては、これを拾い集めて食用油を採っていたという。カヤは、巨木となるものが知られているが、県内では、さいたま市の「与野の大カヤ」(国指定天然記念物)に次ぐクラスに数えられよう。
 鎮守の森が次第に姿を消す中で、カッコウの声の響き渡る森を末永く守りたいものである。