部落差別の解消の推進に関する法律が施行されました

本文にジャンプします
部落差別の解消の推進に関する法律が施行されました


 同和問題とは、「同和地区」とよばれる特定の地域出身であることや、そこに住んでいることを理由に結婚を反対されたり、就職や日常生活において差別を受けたりする重大な問題です。
 残念ながら、今なおこうした人々に対する差別発言、差別待遇等の事案があり、近年ではインターネット上で差別を助長するような内容の書込みがなされるといった事案も発生しています。

 このような中、部落差別は許されないものであるとの認識のもと「部落差別の解消の推進に関する法律」(部落差別解消推進法)が平成28年12月16日に公布、施行されました。

 同和問題を正しく理解し、一人ひとりの人権が尊重される社会の実現を目指しましょう。

 詳しくは法務省ホームページへ
 
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00127.html(外部サイト)