新白岡駅東口周辺のムクドリ被害・対策について

本文にジャンプします
「市長への手紙」の内容と回答
新白岡駅東口周辺のムクドリ被害・対策について
ムクドリの糞害、騒音は全国的な問題になっており抜本的な解決策がないのは承知した上で意見させていただきます。
これまで市では忌避音の他、枝を切る対策もしていますが、それに加え、木をネットで覆う対策をしていただけないでしょうか。
実際、久喜駅前や東鷲宮の駅前スーパーでネットによる対策が取られています。
また現在、〇〇にて工事が行われていますが、毎年こちらもムクドリが飛来していますが今年はネットがあるせいか飛来していません。
駅周辺の木にネットを張ったところでムクドリ問題の抜本的な解決にはならないとは思いますが、駅前は駅利用者、マンション住民のほか、保育所や幼稚園バスの乗降者場所にもなっており多くの子供も利用しています。病院もあります。
大量の糞、大量の羽、羽についてくるゴミ、悪臭、ハエ、夕暮れ時と早朝の騒音は、衛生的にも、精神的にも負の影響をもたらします。早急に解決するべき課題だと思います。
今年度は無理にしても、来年度予算に組み込んでぜひネット設置を実現していただきたいです。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。
(20代女性)

回答

拝啓 〇〇様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
御意見をいただきました「新白岡駅東口周辺のムクドリ被害・対策」については、次のとおり回答いたします。
〇〇様におかれましては、ムクドリ被害対策に関する御提案をいただきまして誠にありがとうございます。
ムクドリにつきましては、初夏から秋にかけて駅周辺の樹木等をねぐらとしておりますことから、鳴き声による騒音やフン害による悪臭などが全国的に問題となっております。しかしながら、抜本的な解決策が見つかっていない状況でございまして、市でも大変苦慮しております。
6月には、新白岡駅周辺の市民の方からムクドリの鳴き声による騒音及びフンによる悪臭等に関する御相談がございました。市では7月初旬から新白岡駅周辺及び駅周辺の公園におきまして、ムクドリが嫌がる忌避音による飛来分散対策を合計6日間実施することといたしました。
また、忌避音による対策と併せて、新白岡駅周辺の樹木の剪定作業を実施いたしたところです。
〇〇様から御提案をいただきました樹木をネットで覆う対策につきましては、既に実施している自治体に実情を確認いたしましたところ、一時的には効果があるものの、別の樹木をねぐらにしたり、別の場所に飛来するなど、抜本的な解決には至っていないとのことでございました。このような情報等をもとに検討した結果、樹木をネットで覆う対策につきましては、現在のところ実施する予定はございませんので御了承くださるようお願いいたします。
しかしながら、既に実施している忌避音による飛来分散対策や樹木の剪定だけではなく、引き続き他自治体などにおいて実施している有効な解決策等の情報収集に努め、本市における実施について検討してまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますようお願いいたします。 
                                                                                                                                                          敬具