件名なし(障がい者の訪問入浴サービスについて)

本文にジャンプします
「市長への手紙」の内容と回答
件名なし(障がい者の訪問入浴サービスについて)
この度、長男を障害者の(在宅)訪問入浴サービスを受けようと準備しておりました。
しかし、1ヶ月半になりますが、話が先に進んでおりません。事業所の対応も、その場しのぎの回答しかありません。
昨日、福祉課の方へ電話をしましたら、今年度は1社しか入札をしていないということで事業所の変更も出来ないという返事でした。
私は今後のことを考えて、何社か手をあげえて頂いて利用者が選べるようにしないとダメだと思います。
こちらのお願いしたい日にちに少しでも合わせて頂けるような事業所にお願いしたいと考えておりますが、選択肢がないのはいかがなものか?
介護保険が使用できる高齢者の方は、何社か選択肢があるようですが、障害者には選択肢が無いのがおかしいのではありませんか?
是非、早い対応をお願いしたいと思っております。
(50代女性)

回答

拝啓 〇〇様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
御意見いただきました件につきましては、次のとおり回答いたします。
白岡市における訪問入浴サービスは、身体に障害があり、独力又は家族の介護のみでは入浴できないかたを対象に、月4回を基準として移動入浴車によるサービスを提供するものです。独力で入浴できないかたの身体を清潔に保つとともに御家族の介護を援助する重要なサービスであると考えております。
このたびは、そのサービスが円滑に実施されず、〇〇様に御迷惑をお掛けしましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
市といたしましては、支援の必要なかたに必要なサービスを提供することは行政の重要な責務であり、今後は、このようなことがないよう受託の事業者をしっかりと指導し、円滑にサービスが提供できるよう努めてまいります。
さて、〇〇様の「介護サービスのように事業者が選択できるように」との御要望でございますが、本サービスの提供につきましては、市とサービス事業者との契約に基づくものでありますことから、〇〇様の御要望に添えないことについて、御理解を賜りますようお願い申し上げます。
お手紙への回答は以上のとおりです。
私は、市民参加のまちづくりはとても大切なことだと考えております。
これからも御意見などお気づきの点がございましたら、御遠慮なくお寄せいただきたいと存じます。 
                                                                                                                                                           敬具