新白岡駅周辺のムクドリ対策について

本文にジャンプします
「市長への手紙」の内容と回答
新白岡駅周辺のムクドリ対策について
掲題のムクドリ対策につきまして、日頃より忌避音や街路樹剪定など様々な対策に取り組んでいただきありがとうございます。
ただ、すぐに戻ってきてしまい、騒音やフン害が続いているのが現状です。
ムクドリ対策については抜本的な解決策がないことを承知のうえで、一つ、鷹匠による駆除を提案いたします。
鷹匠のHP等を見ていると、天敵である鷹が飛び回ることで、ムクドリ達に対しこの地域が危険な場所であると認識させ寄って来ない環境を作ることに一定の効果があるように思えます。
費用等の問題もありますが、対策案の一つとしてご検討くださいますようお願いします。 
(30代男性)

回答

   拝啓 〇〇様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
御意見をいただきました「新白岡駅周辺のムクドリ対策」については、次のとおり回答いたします。
〇〇様におかれましては、ムクドリ被害対策に関する御提案をいただきまして誠にありがとうございます。
ムクドリにつきましては、初夏から秋にかけて駅周辺の樹木等をねぐらとしておりますことから、鳴き声による騒音やフンによる悪臭などが全国的に問題となっております。
しかしながら、抜本的な解決方法が見つかっていないのが現状でございまして、市としても対応に大変苦慮しております。
市では7月4日から新白岡駅周辺及び駅周辺の公園におきまして、ムクドリが嫌がる忌避音による飛来分散対策を合計6日間実施いたしました。
また、新白岡駅周辺の樹木につきましては、飛来分散対策と併せて、剪定作業を実施したところです。
しかしながら、その後も駅周辺の公園にムクドリが飛来している状況であったため、8月10日から9月21日にかけて合計4日間、忌避音による飛来分散対策を再度実施することといたしました。
また、駅周辺の公園の対策と併せて、新白岡駅前においても飛来分散対策を実施する予定でございます。
〇〇様から御提案がございました鷹匠による駆除につきましては、鴻巣市で実施していることから、駆除の効果について確認いたしましたところ、昨年度は効果があったものの、今年度は、鷹に慣れたためか鷹を飛ばしても、ムクドリを駆除することができない状況であるとのことでした。
このため、鷹匠による駆除につきましては、一時的には効果があるもの、すぐに慣れてしまい効果的な駆除に至っていないものと考えられるため、現在のところ、本市では実施する予定はございませんので、御了承くださるようお願いいたします。
しかしながら、忌避音による飛来分散対策や樹木の剪定だけでなく、他自治体などにおける取組を参考にしながら、本市においても有効な解決策を検討してまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますようお願いいたします。 
                                                                                                                                                        敬具