新白岡駅周辺の街灯について

本文にジャンプします
「市長への手紙」の内容と回答
新白岡駅周辺の街灯について
いつもお世話になっております。
新白岡駅周辺の街灯ですが、暗すぎます。
安全性に問題あると思います。店もないのでどうしようもないです。
LEDなどの明るい街灯にしてください。
ご検討、宜しくお願い致します。
(40代男性)

回答

 拝啓 〇〇様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
御意見をいただきました「新白岡駅周辺の街灯」につきまして、次のとおり回答いたします。
市内の街灯には、犯罪を未然に防止するために電柱等に設置する「防犯灯」と交通事故を防止するために幹線道路や交差点に設置する「街路灯(道路照明灯)」の2種類がございます。
防犯灯の新設につきましては、現在、各行政区で年間2基までを原則として、要望のあった箇所にLED防犯灯を設置しております。
既設の防犯灯につきましてもLED化を望む声は多く、早期にLED化を図りたいと考えているところでございます。しかしながら、財政上の調整も必要となることから、老朽化などで器具交換が必要で地元行政区長からの要望があった場合に、段階的にLED化を進めております。
街路灯につきましては、国が定める「道路照明施設設置基準」に基づき、新白岡駅西口駅前広場から新白岡柴山沼線にかけて設置しております。この街路灯の照度につきましては、暗すぎると通行に支障がある一方で、明るすぎると周辺住宅への影響が懸念される状況もございます。
また、現在設置されている街路灯は、ナトリウム灯でございまして、これらをLEDへの電球交換となりますと、現時点では対応する電球がない状況でございます。しかし、ナトリウム灯に対応可能なLED電球等の対応器具が販売された際には、順次交換を検討してまいりたいと考えております。
市といたしましては、今後も各行政区と連携を図りながら、地域の実情に沿った防犯灯や街路灯のLED化の推進に努め、安全で快適な住環境を維持してまいりたいと存じます。御理解賜りますようお願い申し上げます。
手紙の回答は以上のとおりです。
私は、市民参加のまちづくりはとても大切なことだと考えております。
これからも御意見などお気づきの点がございましたら、御遠慮なくお寄せいただきたいと存じます。
                                                                                                                                                      敬具