貴職の防災意識について

本文にジャンプします
「市長への手紙」の内容と回答
貴職の防災意識について
白岡市長 殿
先般の白岡駅東口自転車駐車場についての回答において、貴職は「市民参加のまちづくりは大切」との旨を申し述べられておられます。
しかし、貴職の手下である職員に貴職の防災意識について質しましたが、一向に回答がありません。
以下について質します。
1)貴職の防災意識について質すことは貴職が申し述べる「まちづくり」の範疇ではないのか。
2)貴職の防災意識について質すことが貴職が申し述べる「まちづくり」の範疇にはないのであれば、その論拠は何か。
3)貴職の防災意識について質すことは貴職が申し述べる「まちづくり」の範疇であるなら、貴職の手下である職員が回答を行わないことは貴職の意に反していないか。
以上、早急な回答を求めます。
(50代男性)

回答

   拝啓 〇〇様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
御意見をいただきました「貴職の防災意識について」は、次のとおり回答いたします。
市では、近年、激甚化する自然災害等への危機管理の必要性・重要性を強く認識しており、第5次総合振興計画の基本計画の中で安全・安心なまちを位置づけております。
災害は、いつどこで発生するか分かりません。大きな災害が発生した時に被害を最小限に抑えるために、日頃からの備えが大切であると考えております。
そのため、総合防災訓練や災害対策本部設置訓練の実施などにより、職員一人ひとりの防災意識の向上を図るとともに、防災備蓄品の充実など被災時の対応力向上に努めているところでございます。
また、地域の防災力を向上させるためには、自助、共助の意識を醸成することが必要であると考えております。現在、地域住民主体による自主防災組織は27団体となりましたが、今後も自主防災組織の設立を促進するとともに、市内各地域での防災訓練の実施など、組織の活動を支援していく所存でございます。
お手紙への回答は以上のとおりです。
私は、市民参加のまちづくりはとても大切なことだと考えております。
これからも御意見などお気づきの点がございましたら、御遠慮なくお寄せいただきたいと存じます。
                                                                                                                                                      敬具