風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期定期予防接種)に関するお知らせ

本文にジャンプします
風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期定期予防接種)に関するお知らせ

風しんの追加的対策について

 風しんの抗体保有率の低い世代の男性に風しんの抗体検査、風しんの第5期の定期予防接種の無料クーポン券を送付しています。

   平成30年以降、特に関東地方を中心に、風しんの患者数が増加したことを受け、風しんの感染拡大防止のため、風しんの 予防接種を受ける機会がなく、抗体保有率の低い男性に対し、無料で風しん抗体検査・定期接種を行う「風しんの追加的対策」を実施しています。

 対象者の方には令和元年度又は令和2年度にクーポン券を発送していますが、実施期間が延長になったため、新しい有効期限のクーポン券を発送しました。同封の案内通知をお読みいただき、抗体検査を受けましょう。

 

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスの感染によって起こる感染症です。ウイルス感染後、2~3週間の潜伏期間の後、発疹、発熱、リンパ節が腫れるなどの症状が現れます。免疫を持たない場合は、大人でも感染、発病します。

 また、妊娠初期に感染すると、先天性風しん症候群と呼ばれる先天性の心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。

 

 

1 対象者

    検査日時点で白岡市に住民登録がある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

   ただし、次の(1)(2)のいずれかに該当する方は対象外です。
  (1)過去に風しんにかかったことがある方(医療機関等で検査により証明された場合に限る)
  (2)平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受け、かつその記録がある方

    白岡市から転出された方は、白岡市で発行したクーポン券を使用することはできません。転入した市区町村へ

   お問合せください。

 

2 実施期間

   令和4年4月1日から令和7年3月31日まで実施します。 

          令和元年度から令和3年度までの3年間実施してきましたが、3年間(令和7年3月31日まで)延長に

   なりました。

 

3 検査・接種方法(抗体検査・予防接種共通)

   検査は、職場などで実施される健康診断等か実施医療機関で採血して行います。

   結果が出るまでに数日かかります。

 

    <実施場所>市内医療機関はこちら↓をご覧ください。

                    https://www.city.shiraoka.lg.jp/7590.htm
       全国の実施期間は、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」↓をご覧ください。
                    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html  

    <費  用>原則無料

 

    詳細は「風しん抗体検査から定期予防接種までの流れ」をご覧ください。

    風しん抗体検査から定期予防接種までの流れ

 

4 検査・接種の際の持ち物
 <風しん抗体検査
  ○本人確認書類(例:運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)
   ・生年月日や住所の印字があり、白岡市に住民登録されていることがわかるもの。
  ○クーポン券
   ・市外に転出した場合は、白岡市のクーポン券は使えません。現在のお住いの市町村にご連絡ください。
   ・白岡市に転入した場合は、保健センターまでご連絡ください。
  ○風しん抗体検査受診票

 <風しん第5期定期接種
  ○本人確認書類
  ○クーポン券
  ○風しん抗体検査結果
   ・風しんの抗体価が低いことがわかるもの


※平成31年4月1日以降に、クーポン券を使わずに、すでに抗体検査・予防接種を受けた方は、個別にご案内いたしますので、保健センターまでお問合せください。