ペット防災について

本文にジャンプします
ペット防災について

ペット防災とは

   

 ●ペット防災のため、日頃からいろいろなことを想定して、備えておきましょう

 

 災害が発生した場合、あなたの大切なペットも被災者となります。

 災害が原因で大切なペットと離れてしまったり、避難場所でのトラブルを避けるために日頃から次のことを心掛けておいてください。

① 避難場所でのトラブル防止のために、普段から最低限のしつけをしておきましょう。

② 自分のペットがすぐに見つかるように、首輪に名札・鑑札・狂犬病予防注射済票などを着けて

 おきましょう。

③ 人に慣れさせておきましょう。

④ 一緒に避難しやすいように、首輪・引き綱(リード)を嫌がらずに着ける習慣をつけさせてお

 きましょう。

⑤ すぐに連れて逃げられるように、檻(ケージ)やキャリーバッグを用意し、入れることに慣れ

 させておきましょう。

⑥ 災害発生時には感染症にかかる危険性が高まります。ワクチンの接種や寄生虫の駆除をしてお

 きましょう。

⑦ ペットの写真や記録(健康や病気の記録など)を用意しておきましょう。

⑧ 緊急時の餌(長期保存できるもの)や飲み物、薬などを用意しておきましょう。

⑨ 災害発生時のペット動物の取扱について、ご近所とコミュニケーションをとっておきましょ

 う。

 

  参考:ペット動物のための防災①(埼玉県ホームページ)

 

  参考:ペット動物のための防災②(埼玉県ホームページ)

 

  参考:震災からペットを守る「か・き・く・け・こ」(埼玉県)

 

  参考:ペット動物のための防災手帳(埼玉県)