ビブリオバトル

本文にジャンプします
ビブリオバトル

 ビブリオバトルとは、ゲーム感覚を取り入れた新しいかたちの書評合戦です。

 バトラー(本を紹介する人)のおすすめする本についての発表を聞き、参加者全員でどの本が一番読んでみたいと感じたかを決めるもので、読書の幅を広げる取り組みとして、「人を通して本を知る、本を通して人を知る」をキャッチコピーに全国に広がっています。

 白岡市では、令和元年度に埼玉県共助社会づくり課の主催により「R40大人のビブリオバトルin埼玉」の予選会が開催されました。このビブリオバトルでは、6人のバトラーと約40人の観覧者が参加したほか、ビブリオバトルに関する図書等の展示を行うことで、多くの方がビブリオバトルを知るきっかけとなりました。

 また、図書館の職員が学校を訪問して行うブックトークでは、ビブリオバトルをテーマに取り入れ、子どもたちにビブリオバトルを体験してもらうなど、ビブリオバトルの普及を行っています。

 

◎令和元年度に開催された「R40大人のビブリオバトルin埼玉」の予選会と展示の様子