ムクドリ対策(追い払い)を実施します

本文にジャンプします
ムクドリ対策(追い払い)を実施します
更新日 2022年8月9日

初夏から秋ごろにかけて、ムクドリの群れが市街地をねぐらにしており、フンや鳴き声による被害が発生しております。

当市においても、新白岡駅周辺にムクドリが大量に飛来し、夕暮れ時の鳴き声、道路上にフンが散乱するなど、周辺の住民にとって大変迷惑な存在となっております。

しかし、ムクドリは野生鳥獣であり、本来保護されるべき動物のため、むやみに捕獲や殺処分は出来ません。

また、害虫や動物の死骸などを食べてくれる益鳥でもあります。

市では人間とムクドリの棲(す)み分けに向けて、ムクドリの追い払い作業を実施しています。

更新日 2022年8月9日

追い払い方法

市職員が手持ち式の機器で忌避音(きひおん)を発生させ追い払いをかけます。

樹木に天敵のフクロウなどの猛禽類(もうきんるい)の模型を設置します。

 

追い払い日程について

実施日:1.令和4年7月6日、7日、8日の3日間

    2.令和4年8月中旬

    3.令和4年9月上旬

    ※精密機器を使用するため天候等により延期する場合があります。

    ※8月と9月の追い払い作業については、ムクドリの状況を踏まえ判断とします。

実施時間帯:夕暮れ時から日没後まで(おおむね18時~20時の間)

実施場所:新白岡駅周辺~新白岡駅前通り~中央通りなど

 

追い払い実施に関するお願い

追い払い作業は、ムクドリが嫌がる忌避音(きひおん)を発生する機械を使用します。

そのため、大変大きな音がします。

近隣住民の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、御理解と御協力をお願いいたします。

ベランダに被害のあるマンションや近隣にお住まいのかたは、忌避音(きひおん)が聞こえましたら音が鳴るもの(鍋をたたく等)を外へ向けてたたいていただければ、より効果が期待できますので、ご協力をお願いいたします。