議場等における新型コロナウイルスの感染防止対策について

本文にジャンプします
議場等における新型コロナウイルスの感染防止対策について
 

  市議会では、9月議会定例会において、次のとおり新型コロナウイルスの感染防止対策を実施します。


1 本会議
 ⑴ 一般質問の時間制限を45分以内から30分以内(今回更に5分間短縮)にします。
 ⑵ 初日採決議案等の質疑は自席ではなく、質問席で行います。
 ⑶ 正しいマスクの着用、手指消毒、検温等の感染防止対策をお願いします。
 ⑷ 議場の扉の開放を行います。
 ⑸ 議席(執行部席を含む。)、質問席、登壇席及び議長席にアクリル板を設置します。
 ⑹ 採決時等を除き、出席議員を半減します。
 ⑺ 必要最小限の説明員の出席とします。
 ⑻ 座席間隔の拡幅を行います。(氏名標を使用せず、卓上ネームプレートで代用します。)
 ⑼ 傍聴の自粛要請、傍聴人の定員の削減(30人を10人へ)及びマスク着用、検温、手指消毒

  の協力要請を行います。

 ⑽ 議員は、質問席での質問又は質疑が終了したときは質問席の消毒を済ませた後、自席に戻る。

2 常任委員会
 ⑴ 正しいマスクの着用、手指消毒、検温等の感染防止対策をお願いします。
 ⑵ 会場は、本庁舎4階の特別大会議室とします。
 ⑶ 会議室の扉及び窓の開放を行います。
 ⑷ 座席にアクリル板を設置します。
 ⑸ 必要最小限の説明員の出席とします。
 ⑹ 座席間隔の拡幅を行います。
 ⑺ 傍聴の自粛要請及びマスク着用、検温、手指消毒の協力要請を行います。
 ⑻ 委員外議員が傍聴するときは、市民の傍聴を優先するよう配慮します。

 傍聴にいらっしゃる市民の方へのお知らせ

  9月議会定例会における本庁舎1階アトリウム内でのテレビ画面前の椅子の追加配置は、新型

 コロナウイルス感染症の急激な拡大を踏まえて中止します。皆さまのご理解をお願いいたします。