本文にジャンプします

笠地蔵(かさじぞう)

篠津の観音堂の入口に2体向き合って建立されている。地蔵尊の石仏に笠が付いているのは市内でここだけ。造立年代は江戸時代。市指定有形民俗文化財。
笠地蔵

笠原沼用水(かさはらぬまようすい)

享保13年(1728)に井沢弥惣兵衛為永によって行われた笠原沼の開発に際し、開削された用水。久喜市で黒沼用水と分流した後、太田(現久喜市)、須賀、百間(以上宮代町)などへ灌漑している。当市では野牛・高岩の水田をうるおし、宮代町に至る。

河川(かせん)

市内の河川は県の1級河川に指定されている野通川・元荒川星川隼人堀川庄兵衛堀川姫宮落川・備前堀川の7河川と準用河川が2河川ある。用水は、見沼代用水やその支流の黒沼用水笠原沼用水が市の中央部および東部を流れ、水田耕作の涵養元となっている。
白岡市内の主要河川図

鎌倉街道(かまくらかいどう)

鎌倉時代以降に鎌倉と関東諸国を、さらに信濃、奥州を結んだ道の呼称。また、江戸時代以前からの古道を示す場合もある。県内には「上道」「中道」「下道」の3つの幹線路があったといわれている。市内でも鎌倉街道と呼ばれている道が2か所で伝承されている。1つは高岩の忠恩寺正伝寺~下野田鷲神社~大徳寺安楽寺~東伸団地を通って高台橋(黒沼用水架橋)付近で御成道に合流する道筋。もう1つは小久喜の寿楽院付近から西に向かい県道白岡停車場・南新宿線の蓮田方面に向かい、交差点の信号を蓮田市境を西地区に向かって通じる道筋で、この道は観応の変(1352・足利尊氏と足利直義両派間の全国的内乱)に当地の武士団鬼窪一族が進軍した道とも考えられる。
大字白岡地内
白岡地内

上野田(かみのだ)

日勝地区に属し、元禄改定の「国図郷帳」には、上・下野田の区別なく「野田」と記されている。野田村は江戸期の元禄~享保以前は埼玉郡百間領に属していた。
上野田と称されるようになったのは享保年間(1716~35)以降である。野田の名称の由来は、地形的なことから命名されたものと考えられる。
明治29年に実ケ谷村など8村と合併し日勝村となり、昭和29年に篠津村・大山村と合併して白岡町となる。

上野田鷲宮神社(かみのだわしみやじんじゃ)

『風土記稿』等の資料によると、祭神は天穂日命(あめほひのみこと)、別雷命(わけいかずちのみこと)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、創建、由来ともに不詳。『風土記稿』には「高祖明神社」と記されており、旧鷲宮町(現久喜市)の鷲宮神社より分社されたとみられる。現在の本殿は昭和53年焼失したものを、翌年に再建されたもの。

栢間堀(かやまぼり)

享保13年(1728)に井沢弥惣兵衛為永によって栢間沼(現久喜市菖蒲町)の溜り水を除去するために開削された堀。現久喜市菖蒲町と白岡市の境で野通川・見沼代用水をくぐり、柴山に入る。さらに荒井新田・下大崎を東流し、篠津で星川をくぐり、寺塚で庄兵衛堀川と合流し、隼人堀川となり古利根川に落る。現在、河川行政上は隼人堀川と表示されている。
栢間堀

観福寺(かんぷくじ)

野牛にある新義真言宗智山派の寺院。『風土記稿』によれば、「戸ケ崎村(現久喜市菖蒲町) 吉祥院の末寺、大悲山与楽院と号す」とあり、第5世良栄が寛永18年(1641)に亡くなったという記録が残されているが、それ以前の由緒は不詳。本尊は 十一面観音で行基の作と伝えられる。当寺には指定文化財新井白石の肖像画も伝わっている。
観福寺