公共下水道事業及び農業集落排水事業について

本文にジャンプします
公共下水道事業及び農業集落排水事業について

公共下水道事業及び農業集落排水事業に係る「経営比較分析表」を策定しました

 複数の経営指標を組み合わせて分析し、経年比較や他の地方自治体との比較を行うことにより、経営の現状、課題等を的確に把握することを目的に、「経営比較分析表」を策定しました。

 白岡市の公共下水道事業及び農業集落排水事業の経営比較分析表は次のファイルのとおりです。

 ・平成27年度 経営比較分析表(公共下水道事業).pdf
  
   ・平成27年度 経営比較分析表(農業集落排水事業).pdf


公共下水道使用料について

 

● 公共下水道を利用されている皆さんへ

公共下水道使用料の見直しについて
(平成27年度改定)

 市では平成26年度から、市民の代表で構成されている下水道事業審議会(会長山﨑紀男)に「下水道使用料の見直し」について審議をお願いしておりました。審議会は、延べ6回にわたるご審議をいただきまして、平成27年11月4日付けで市長あてに答申書の提出がなされたところでございます。答申の内容につきましては、下水道使用料を平均23.7%引き上げることが望まれるというものでございます。
 なお、審議内容につきましては「広報しらおか」の平成26年11月号から平成27年2月号までの4回にわたり掲載しております。
 
 下水道使用料の見直しに関する「広報しらおか」の掲載記事につきましては、下記のPDFファイルをご覧ください。

【広報しらおか掲載記事】
 
 ・公共下水道を利用されている皆さんへ【第1回】(PDFファイル)

 ・公共下水道を利用されている皆さんへ【第2回】(PDFファイル)

 ・公共下水道を利用されている皆さんへ【第3回】(PDFファイル)

 ・公共下水道を利用されている皆さんへ【第4回】(PDFファイル)




●公共下水道使用料につきましては、次のファイルをご参照ください。

新旧下水道使用料早見表(PDFファイル)



●口座振替の申し込みは、次の金融機関でお願いします。
埼玉りそな銀行本・支店 みずほ銀行本・支店 三井住友銀行本・支店
足利銀行本・支店 南彩農業協同組合本・支店 埼玉縣信用金庫本・支店
三菱東京UFJ銀行本・支店 中央労働金庫本・支店 武蔵野銀行本・支店
東和銀行本・支店 りそな銀行本・支店 ゆうちょ銀行・郵便局


環境保全のための施設です

公共下水道について

浸水の防除、生活環境の改善、公共用水域の水質保全を目的とした公共下水道は、快適な居住環境の形成の基礎的施設です。工事に際しては、道路交通などに大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします。

農業集落排水について

生活排水等をきれいに処理することで、農村環境の改善と、農業用用排水の水質保全を目的としています。現在、3箇所の処理区が供用開始になっています。
平成12年度から (1)柴山地区(柴山・久喜市菖蒲町柴山枝郷の各一部)

(2)柴山小塚地区(柴山の一部)
*柴山小塚地区は久喜市(旧菖蒲町)が整備
平成18年度から (3)大山地区(篠津・荒井新田・下大崎・久喜市菖蒲町上大崎の各一部)

整備には受益者からの負担金等が充てられています

公共下水道工事について

埼玉県中川流域下水道事業(三郷市外14市町)に属しており、公共下水道事業認可区域の558haについて順次、工事を進めています。費用は、国庫補助金と起債(借り入れ)を受け、さらに市税の一部と受益者負担金を充てています。

農業集落排水工事について

工事費用は、国庫補助金と県補助金を受け、起債(借り入れ)と受益者分担金を充てて整備しました。

水洗化にご協力ください

供用開始区域は宅内工事を

すでに供用を開始している公共下水道及び農業集落排水の区域のお宅は、早期に宅内排水設備の工事を実施し、水洗化に努めるとともに、汚水(家庭雑排水を含む)は公共下水道及び農業集落排水に流し、自然環境の保全にご協力ください。
※宅内排水設備の工事は、指定排水設備工事店でなければ実施できません。

白岡市指定排水設備工事店一覧表(指定順)平成29年8月8日現在(PDF 299KB)

トイレにはトイレットペーパー以外の紙は使用しないでください。また、野菜くず、食べ残し、油脂類、髪の毛等を流すと詰まりの原因になりますので、絶対に流さないでください。

農業集落排水処理施設使用料は、口座振替で

●口座振替の申し込みは、次の金融機関でお願いします。
埼玉りそな銀行本・支店 中央労働金庫本・支店 南彩農業協同組合本・支店
三菱東京UFJ銀行本・支店 足利銀行本・支店 三井住友銀行本・支店
埼玉縣信用金庫本・支店 武蔵野銀行本・支店 りそな銀行本・支店
ゆうちょ銀行・郵便局


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。