洪水ハザードマップ

本文にジャンプします
洪水ハザードマップ
国土交通省は、荒川及び利根川が200年に1回程度発生する大雨により河川がはん濫した場合に想定される区域を浸水想定区域として指定し、その区域と浸水の深さを公表しました。
この浸水想定区域に含まれている市町村は、浸水区域、浸水の深さ、洪水予報等の伝達方法など避難に役立つ情報を記載した洪水ハザードマップを作成し、広く住民に周知する必要があることから、白岡においても作成しました。
1 洪水ハザードマップとは
2 洪水ハザードマップの使い方
 洪水ハザードマップを閲覧する