個人情報保護制度

本文にジャンプします
個人情報保護制度
○個人情報保護制度の目的
行政機関や社会の各分野で、大量の個人情報が蓄積され利用されています。これは、事務の効率化、住民サービスの向上に役立つ反面、プライバシーの侵害と いう不安も生じさせます。そこで、市が保有する個人情報の収集、保管、利用に関して具体的なルールを定め、個人情報を保護していこうとする制度です。

開示請求できるかた

・市内に住所のあるかた
・市内に住所はないが、実施機関に個人情報の保管などをされているかた

請求できる内容

・開示の請求:自分の情報の閲覧をしたいとき
・訂正の請求:自分の情報に事実と異なる記載があるとき
・削除の請求:自分の情報がルール違反によって収集されたとき
・目的外利用等の中止の請求:自分の情報が収集時の利用の目的を超えて利用され、または外部に提供されているとき

開示できない自己情報

自己情報は、原則としてその本人に開示します。しかし、次のような開示できない情報もあります。
・法令などの規定により、開示することができない情報
・個人の評価、判定、指導、選考などに関する情報
・開示することにより、公正または適正な職務執行が妨げられる情報
・審議会の意見を聴いて、開示しないことが適当と認められた情報

市が個人情報を取り扱う際のルール

・個人情報保管などの届け出は
実施機関が個人情報の収集を始めるときは、個人情報保管等登録票を作成し、市長に届け出ます。
・個人情報の収集は
所掌する事務の目的達成に必要かつ最小限の範囲内で収集します。
原則として、思想、信条、宗教、犯罪などに関する情報は、収集しません。目的、根拠を明らかにして収集します。
原則として、本人から収集します。
・個人情報の管理は
正確かつ最新の情報に保ちます。
情報の紛失、破壊、改ざん、不当な流通を防止するため、合理的な安全保障措置を講じます。
保管などの必要がなくなった情報は、確実に廃棄します。
・個人情報の利用は
原則として、収集の目的の範囲内に限定します。

請求書

保有個人情報開示請求書(63KB)

運用状況

平成27年度白岡市情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況