Q&A

本文にジャンプします
Q&A

よくある質問にお答えします。


読みたい本が図書館にない時は・・・

読みたい本が白岡市立図書館に所蔵してないときは、リクエストカードに必要事項を記入してカウンターまでお持ちください。
他の図書館から借りたり、新たに購入したりして貸し出しいたします。

ご注意!!
資料によってはご要望に添えない場合や貸出までに2か月以上かかる場合もあります。
また、館内での利用に限定される資料もございますので、御了承ください。

資料をなくしたり、壊したり、汚した時は

(1)なくした

御来館いただき図書亡失・損傷届を御記入、御提出いただきます。
原則として、なくした資料については、同じ資料を利用者の方に購入していただき、弁償していただきます。

(2)壊した

破損した資料をお持ちの上、ご相談となります。
破損の程度が軽微なものや、経年劣化によるものと認められる場合には、弁償免除となる場合もあります。
それ以外の破損の場合には、弁償をお願いいたします。
破損資料はテープなどで補修せず、そのままお持ちください。
弁償していただく場合には、図書亡失・損傷届をご記入、ご提出いただきます。

(3)汚した

汚損した資料をお持ちの上、ご相談となります。
汚損の程度が軽微なものや、経年劣化によるものと認められる場合には、弁償免除となる場合もあります。
それ以外の汚損の場合には、弁償をお願いいたします。
弁償していただく場合には、図書亡失・損傷届をご記入、ご提出いただきます。

ご注意!!
弁償は基本的に同じ資料を利用者にお買い求めいただき、弁償していただくようにお願いをしています。
書店にて同一の本を購入していただき、図書館にお持ちいただくことになります。
絶版など、入手不可能と思われる場合には現金での弁償となります。

借りた本が壊れてたけどどうしたらいい?

借りた本が破損していた場合にはそのまま返却していただき、破損していた旨をカウンター係にお伝えくださいますようお願いいたします。

ご注意!!
家庭用のセロハンテープなどの使用は、本を傷める原因になりますので使用しないでください。

館内整理って何をやってるの?

館内整理日

館内整理日では、図書館の資料が所定の位置にあるかどうかを書架の全ての資料を請求記号・著者名あるいは書名の順に並べ直しながら紛失した本や汚損・破損した本がないかをチェックしています。

特別整理期間

特別整理期間では蔵書点検を行っています。
蔵書点検とは、図書館にある全ての資料の所在を確認する作業で、書架にある資料とコンピュータに登録してある資料が合っているかどうか、無くなってしまった資料はないか等をチェックしています。
一般のお店で行われている棚卸しのようなものと思っていただければよろしいかと思います。
利用者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、図書館の運営上必要な期間ですので、皆様の御協力と御理解をお願いします。