白岡市立小・中学校の耐震診断結果を公表します

本文にジャンプします
白岡市立小・中学校の耐震診断結果を公表します
学校施設は児童・生徒が一日の大半を過ごす学習・生活の場であり、また、地震発生時においては、児童・生徒の安全確保や、地域住民の応急避難場所として重要な役割を担っていることから、学校施設の安全確保は極めて重要となっています。
白岡市では平成7年度にすべての学校施設の第二次診断を行い、その結果に基づいた耐震化計画を作成し、耐震補強工事を実施しておりますが、特に地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い校舎(IS値0.3未満)を最優先とし、その他の校舎等については、IS値の低い順から耐震補強工事を実施しました。
なお、平成25年度に実施した西小学校給食棟の耐震補強工事をもって、すべての学校施設で耐震化が完了しました。

・白岡市立小・中学校の耐震化を公表します(PDF)