PM2.5について

本文にジャンプします
PM2.5について

PM2.5とは

 大気中に漂う、2.5㎛(マイクロメートル)以下の小さな粒子のことで、おおよそ髪の毛の太さの30分の1の大きさです。
※1マイクロメートル=0.001ミリメートル

PM2.5の環境基準

 1年平均値が15㎍/立方メートル(マイクログラム・1立方メートルあたり)以下であり、かつ一日平均値が35㎍/立方メートル以下であること。
※環境基準は行政上の目標値であり、この数値を超えても、ただちに健康影響が生じるものではありません。

PM2.5測定結果等について

 環境省のホームページ(そらまめ君)において、全国の測定結果が公表されています。
また
埼玉県のホームページでは、環境省の「微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合」で示された暫定指針に基づき、日平均値が70㎍/立方メートルを超えるおそれの有無の公表や、注意していただきたい事項について掲載されております。

日平均値が70㎍/立方メートルを超える恐れがあると判断した場合の注意点

1 不要不急の外出をできるだけ減らす
2 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす
3 換気や窓の開閉を必要最小限にする
※呼吸器系や循環器系の疾患のある方、子供や高齢の方は影響を受けやすく、
個人差も大きいと考えられるため、特に体調の変化にご注意ください。


参考(PM2.5への対応処置について)

・マスクの着用
 PM2.5に対して、高性能な防じん(小さな粒子の吸入防止用)マスクは、微粒子の捕集効率の高いフィルターを使っており、微粒子の吸入を減らす効果があります。
 ただし、マスクを着用する場合には、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着用しなければ、十分な効果が期待できませんのでご注意ください。
※防じんマスクを着用すると、少し息苦しい感じがあります(長時間の使用時はご注意ください)
※一般用マスク(不織布マスク等)には様々なものがあり、PM2.5の吸入防止効果はその性能によって異なります。

・空気清浄機の使用
 PM2.5に対する空気清浄機の除去効果については、フィルターの有無や性能など機種によって異なりますので、製品表示や販売店・メーカーに性能などを確認した上でご使用ください。



参考リンク集

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省HP)
大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)
PM2.5測定結果について(埼玉県HP)

最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応 [PDF 481KB]
微小粒子物質(PM2.5)に関するQ&A [PDF 147KB]