公共施設等マネジメント計画

本文にジャンプします
公共施設等マネジメント計画

『公共施設等マネジメント計画(白書)について』

 

白岡市では、高度経済成長期以降の人口増加等を背景に、様々なニーズに対応すべく各種公共施設や道路等のインフラ施設の整備を進めてきました。

しかし、少子高齢化の進展により、市税等の自主財源の減少など、厳しい財政状況が予測される中、整備した公共施設や道路等のインフラ施設の多くが老朽化を迎え、建て替えや大規模改修等にかかる費用が、これからの市の財政運営にとって大きな負担となることが予想されます。

そこで、白岡市では現状の公共施設や道路等のインフラ施設の現状を把握することを目的に、「公共施設等マネジメント計画(白書)」を作成しました。「公共施設等マネジメント計画(白書)」は、本市が管理する公共施設等を対象として、各施設の建物評価や維持管理・運営コスト、利用状況などの現状を分析するとともに、将来に向けた課題や整備・管理運営の方向性についてとりまとめたものです。


公共施設等マネジメント計画(白書)[PDF:4,386KB]

公共施設等マネジメント計画(白書)概要版 [PDF:3,304KB]

『公共施設等総合管理計画について』

白岡市では、平成26年度に公共施設やインフラ施設の現状を調査し、作成した「公共施設等マネジメント計画(白書)」を基に、公共施設等を総合的かつ計画的に管理することを目的とした「公共施設等総合管理計画」を策定しました。

令和2年2月に個別施設計画の策定に合わせて一部改訂しました。

令和4年3月に総務省の通知「令和3年度までの公共施設等総合管理計画の見直しに当たっての留意事項について」(令和3年1月26日付け総財務第6号)を受け、一部改訂しました。

公共施設等総合管理計画[PDF:2547KB]

『個別施設計画について』

白岡市では「公共施設等総合管理計画」における施設類型ごとの管理に関する基本的な方針を踏まえ、「個別施設計画」を策定しました。

本計画に基づく予防保全による維持管理によって施設の長寿命化を図り、財政負担を軽減、平準化することで、公共施設の安心・安全を確保するとともに、公共施設によるサービスを最適かつ持続可能なものとしていきます。

個別施設計画[PDF:4724KB]