平成30年度白岡市住宅用創エネ・省エネ機器設置費補助金

本文にジャンプします
平成30年度白岡市住宅用創エネ・省エネ機器設置費補助金

 

 

 お知らせ

 本年度の住宅用太陽光発電システム、住宅用太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池につきましては、予算に達したため受付を終了しました。 
 なお、住宅用LED照明器具、雨水貯留施設につきましては受付しています。

※雨水貯留施設の補助金申請を行う場合、環境課へお問合せください。

 

 
  平成30年度 11月13現在 予算残額 6,759円/ 予算額2,240,000円       
 
 
白岡市では、創エネ・省エネ機器の普及を促進することにより、温室効果ガスの排出の抑制を図るため、創エネ・省エネ機器を設置する方に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

1 補助金の対象となる方
・市内に住所を有し、又は申請受付開始日から実績報告書の提出期限(平成31年3月15日(金))までに市内に住所を有しようとする方であって、自ら居住する市内に所在する「既存住宅」、(併用住宅の場合は、住宅部分の面積が総床面積の2分の1以上のものに限る。以下同じ。)又は自ら居住するために市内に購入する「既存住宅」に、補助対象機器を設置する方
(ただし、住宅用太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池及び雨水貯留施設の設置については、「新築住宅(建築途中、建て替えを含む。)」は補助の対象となります。)

▶「新築住宅」…住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号第2条第2項に規定する「新築住宅」)
 
 住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)
 第2条第2項 この法律において「新築住宅」とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの(建設工事の完了の日から起算して一年を経過したものを除く。)をいう。
▶「既存住宅」…上記の「新築住宅」以外の住宅

2 補助金の対象とならない方

・法人
・賃貸の目的で補助対象機器を設置しようとする方
・販売の目的で補助対象機器付住宅を建築する方
・補助金の交付を申請する日において、市税等の滞納がある方
・既に当該補助金の交付を受けて設置した機器と同種の機器を設置しようとする方
・同一の世帯において、当該補助金の交付を受けて同種の機器を設置した方がいる方
既に補助対象機器の購入もしくは設置がお済みの方
※住宅用太陽光発電システムおよび住宅用LED照明器具については、「新築住宅(工事の完了の日から起算して1年未満で、居住実績がない住宅。建築途中、建て替えを含む。)は対象となりません」


【補助対象機器】 

補助対象機器

 

要件

 

住宅用太陽光発電システム

 住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連携したものであり、かつ、太陽電池容量(JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの最大出力の合計をいう。)が10キロワット未満であり、電力会社と電灯契約及び余剰電力の売買契約を締結すること。
 未使用品であること。 

住宅用LED照明器具

住宅の照明を2か所以上LED照明に交換する。(照度2,000ルーメン以上であり、スタンドライト及び電球タイプは補助対象外)

未使用品であること。

住宅用太陽熱利用システム

太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯に利用する集熱器及び貯湯槽が一体型又は太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯及び空調に利用し集熱器および貯湯槽が独立して設置され、動力を用いて水又は熱媒を強制循環させるシステムであること。
 未使用品であること。

 

定置用リチウムイオン蓄電池

 

再生可能エネルギーにより発電した電力又は夜間電力などを繰り返し蓄え、停電時など必要に応じて電気を活用することができるものであり、JIS規格又は一般社団法人電池工業会規格に準拠していること。

未使用品であること。

 

 雨水貯留施設

 雨水を貯留するための構造を持った施設で、貯留容量が100リットル以上の既製の貯留槽(中古品を除く。)及び当該貯留槽に関連する給排水設備で住宅の雨樋等に接続し、架台等で固定して設置されているものであること。
 未使用品であること。


2 補助金額

  住宅用太陽光発電システム  5万円
  住宅用LED照明器具    上限5千円(補助対象機器の購入及び設置に係る費用の2分の1以内とする。)
    住宅用太陽熱利用システム  4万円
    定置用リチウムイオン電池  4万円
  雨水貯留施設        上限2万円(補助対象機器の購入及び設置に係る費用の2分の1以内とする。)

 

3 申請の受付
 平成3025日(曜日)から受付を開始します。

※申請の受付は、予算の範囲内にて先着順で行います。予算に達した場合は、受付を終了します。

4 申請方法

 補助金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添付し、環境課窓口に、直接提出してください。(郵送は不可とします。)

〔添付書類〕
1 補助対象機器の設置に要する経費の内訳が明記されている工事請負契約書又は見積書の写し
2 補助対象機器の仕様、規格等が確認できる書類(前号に掲げる書類で確認できる場合を除く。)
3 補助対象機器の設置予定箇所の配置図
4 補助対象機器の設置予定箇所の工事着工前の現況写真
5 市外居住者については、当該居住地の市町村が発行する納税証明書
6 その他市長が必要と認める書類(口座振込情報(債権者)登録依頼書)


 白岡市住宅用創エネ・省エネ機器設置費補助制度のご案内
 交付手続きの流れ
 白岡市住宅用創エネ・省エネ機器設置費補助金交付要綱
  申請様式
   様式第1号 申請書
   様式第4号 変更承認申請書
   様式第5号 (中止・廃止)承認申請書
   様式第7号 実績報告書
   様式第9号 請求書
   口座振込情報登録書
   ※口座振込情報登録書は平成30年度から様式の一部を改めております。
    生年月日の記入欄がない様式での申請はご遠慮くださるようお願いします。
   記入例(様式1号、様式7号) 



5 交付決定・不交付決定
 申請受付後、書類を審査した上で、概ね1週間程度で交付・不交付決定通知(様式第2号もしくは第3号)を郵送いたします。


6 実績報告書の提出
 補助対象機器の設置工事が完了したときは、完了から30日以内又は平成31年3月15日(曜日)のいずれか早い日までに、補助金実績報告書(様式第7号)に必要書類を添付の上、環境課に提出してください。


7 補助金額の確定
 書類を審査した上で、概ね一週間程度で
補助金交付額確定通知書(様式第8号)を送付します。


8 請求書の提出
 補助金交付額確定通知書を受領後、必要事項を記入の上、速やかに請求書(様式第9号)を提出してください。
 なお、申請書提出時に報告された口座情報と異なる名義や他口座への振り込みは出来かねますので、あらかじめご了承ください。



9 書類の保存

 この補助金の申請において受領した書類等は、5年間大切に保存してください。