空家について

本文にジャンプします
空家について

空き家の適切な管理にご協力ください

 近年、地域の防災・衛生・景観等に影響を及ぼす、適切な管理のされていない空き家が増加しています。
 空き家も個人の財産であり、所有者や管理者の責任において、適切な管理が必要となります。 
 空き家に関する情報が寄せられた場合、現地調査を行い、土地・家屋の所有者や管理者を調査し、不動産の適切な管理をお願いしています。
 次のような空き家等を認めた場合、環境課へご連絡ください。
 ・老朽化等により倒壊又は建築材料等の飛散の恐れがある場合
 ・草木等の繁茂により、近隣の生活環境が損なわれる場合

空き家とは

 市内に所在する建物等で、使用されている形跡のない住居、作業所等、また敷地内にある立木、敷地を囲う塀や門扉、看板等が管理されていない建築物等を指します。
 

所有者の責務

 空き家は個人の財産であり、その所有者や管理者の責任において、適切な管理に努めなければなりません。

 

相続した空き家を譲渡した際の譲渡所得の特別控除の特例について

 平成28年度税制改正において「空き家の発生を抑制するための特例措置」が創設されました。相続によって生じた空き家で一定の基準を満たす場合は、売却した利益から3000万円が控除されます。

適用期間の要件
 相続日から3年を経過する日の属する年の12月31日まで、かつ、特例の適用期間である平成28年4月1日から平成31年12月31日までに譲渡すること。

対象となる家屋の主な要件
1.相続開始の直前に被相続人の居住の用に供されていた家屋であること。
2.相続の開始の直前において当該被相続人以外に居住をしていた者がいなかったものであること。
3.昭和56年5月31日以前に建築されたものであること。
4.相続の時から譲渡の時まで事業の用、貸付けの用または居住の用に供されていたことがないこと。

対象となる譲渡の要件
1.譲渡価額が1億円以下
2.家屋を売却する場合、現行の耐震基準に適合するものであること。

特例を受けるための確認書の発行
 この特例措置の適用を受けるためには、相続の開始の直前において被相続人が家屋を居住の用に供しており、かつ、当該家屋に当該被相続人以外に居住をしていた者がいなかったこと等を当該家屋の所在市区町村において確認したことを示す「確認書」 が必要です。

 「確認書」 は、市環境課で発行しますので、所定の様式に必要書類を添えて提出してください。(添付が必要な書類は、様式中の【被相続人居住用家屋等確認書の交付のための提出書類の確認表】に記載されています。)

「被相続人居住用家屋等確認申請書・確認書」(国土交通省のホームページからダウンロードしてください。)

「空き家の発生を抑制するための特例措置について 」[PDFファイル/238KB](国土交通省ホームページより)

 

白岡市シルバー人材センターと空き家等の適切な管理に関する協定を締結

 平成28年6月20日(月)、白岡市は、公益社団法人白岡市シルバー人材センターと「空き家等の適切な管理に関する協定」を締結しました。
 この協定は、市とシルバー人材センターが相互に連携・協力し、白岡市内の空き家等の適切な管理を進めることにより、良好な生活環境の保全及び安全で安心なまちづくりの推進に寄与することを目的とするものです。

市の役割
・市内にある空き家等の所有者等から管理業務の相談を受けた場合は、シルバー人材センターとの契約が円滑に締結できるよう協力を行う。
・市広報、ホームページその他の広告媒体により、シルバー人材センターが行う空き家等管理業務のPRに努める。

シルバー人材センターの役割
・空き家等の見回り
・除草等
・樹木の伐採、枝下ろし
・植木の剪定
・小修繕
・その他、シルバー人材センターが受託できる一般作業、一般管理

空き家等の所有者のかたへ
 空き家等の所有者のかたは、空き家等を自らの責任において適切に管理しなければなりません。
 所有者自身で管理を行うことが難しい場合は、白岡市シルバー人材センターなどへ管理を委託するなどして、空き家等が適切な管理がされていない状況にならないようにしましょう。
詳しくは、下記へお問い合わせください。

 公益社団法人白岡市シルバー人材センター
 白岡市千駄野445番地
 TEL 0480-92-3221
 FAX 0480-93-3928 
 ホームページ http://www.silver-brain.com/saitama/shiraoka/

 調印式写真

総合相談窓口

 空き家に関する相談は、環境課へお問合せください。
 ※埼玉県HPに掲載されている県内相談窓口については下記をご覧ください。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a1106/akiyataisaku.html#kankei