大山民俗資料館の閉館のお知らせ

本文にジャンプします
大山民俗資料館の閉館のお知らせ

 大山民俗資料館は、昭和56年の開館以来、稲作や梨栽培で使用した農業生産用具、衣食住に関する生活用具、また、施設近くの下大崎の(さら)(ぬま)遺跡から出土した縄文土器などの文化財を展示公開してきました。

 このたび、平成30年度中頃の開館を目指して事業を進めている「図書館機能を有した生涯学習施設」に資料館機能を移行することとしました。

 これに伴い、平成28年9月30日をもちまして、大山民俗資料館の展示公開施設としての機能を廃止し、新施設に移行する準備作業を開始します。

 35年間、大変多くの市民の皆様にご協力をいただき、収集してきました貴重な資料を体系的に再整理し、末永く保存するとともに、効果的な展示を行うことにより、市民の皆様に郷土の文化財をご覧いただけるよう準備作業を進めます。

 市民の皆様のご理解をお願いします。
 
            資料館外観                      館内の民具展示