在宅医療・介護連携推進事業について

本文にジャンプします
在宅医療・介護連携推進事業について

在宅医療・介護連携推進事業の推進

 白岡市は、平成30年4月1日現在の人口が52,511人、65歳以上の人口が13,829人であり、高齢化率は26.3%です。将来推計では、2025年には高齢化率は28.1%になると予測されます。このような超高齢社会において、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域の医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的に在宅医療・介護を提供できる体制を構築することが重要な課題となっています。
 市では、医療・介護の関係機関の連携をより密接にし、在宅医療と介護を一体的に提供できる体制を構築するため、久喜市、蓮田市及び宮代町とともに医療機関と介護サービス事業者等の連携を推進する拠点・相談窓口として、一般社団法人南埼玉郡市医師会と独立行政法人国立病院機構東埼玉病院内の2か所に「南埼玉郡市在宅医療サポートセンター」を設置しました。この機関では3市1町の医療・介護関係者、地域包括支援センター等からの在宅医療に関する相談を受け付けるとともに、切れ目なく在宅医療と介護が一体的に提供される体制の構築を推進します。

相談窓口

南埼玉郡市在宅医療サポートセンター
【業務日】月~金曜日
【業務時間】午前9時~午後5時
【設置場所】
 独立行政法人国立病院機構東埼玉病院(担当地区 蓮田市・白岡市・宮代町)048-768-6500
【URL】https://higashisaitama.hosp.go.jp/zaitakukyoten.html
【医療と介護事前連携及び照会シート】
 https://higashisaitama.hosp.go.jp/zaitaku_kaigorenkei.html