消費生活に関する市長表明

本文にジャンプします
消費生活に関する市長表明

 近年、消費者を取り巻く環境は、サービスの多様化や情報化の進展等により大きく変化しております。さまざまな商品やサービスが提供され、生活が便利で豊かになる一方、契約に関するトラブルや悪質商法による被害などの消費生活に関する相談が多岐にわたり増加しております。

 昨年は、インターネット通販による定期購入トラブルや、SNSをきっかけとした投資詐欺に関する相談が多くありました。

 白岡市では、市民の皆様からの消費生活に関する相談に対応するため、消費生活センターを設置し、専門の消費生活相談員を配置しております。

 また、消費生活に関するトラブルを未然に防止するために、広報紙等による情報提供や消費生活相談員が地域などに出向く「出前講座」なども行っております。

 引き続き、消費生活相談体制の維持・強化に努めるとともに、市民の皆様が安全に安心して生活できる地域社会を目指して、消費者行政に取り組んでまいります。

 おかしいなと思った場合や万が一トラブルに遭ってしまった場合は、一刻も早く白岡市消費生活センターにご相談ください。

   令和4年3月15

                            白岡市長 藤井 栄一郎