平成30年住宅・土地統計調査の調査員を募集します。

本文にジャンプします
平成30年住宅・土地統計調査の調査員を募集します。

 
 住宅・土地統計調査は、10月1日を基準日として住宅数、住宅の種類・設備状況、土地の保有状況や住環境を調査し、私たちの暮らしと住まいに関する計画や施策の基礎資料を得ることを目的として、5年に一回実施される調査です。
 調査の実施に当たり、市では調査員を募集します。


調査員とは

 
 都道府県知事から、調査の都度任命される非常勤の地方公務員です。
 調査活動中に交通事故などに遭った場合は、一般の公務員と同様に、法律や条例の規定に基づいて公務災害補償が適用されます。

調査員の報酬


 おおむね4万円~6万円です(担当する調査区数によって異なります。)。
 

調査世帯数


 
一人の調査員は、原則として3つの調査区(1調査区当たり17世帯)51世帯を担当します。

主な仕事の内容

 

 8月下旬   調査員事務説明会を開催し、調査方法等を御説明します。 
9月上旬~中旬    調査区域の確認や調査対象名簿を作成していただきます。 
 9月下旬  調査対象の世帯を訪問し、調査票の配布や回収を行っていただきます。 
 10月中旬  回収した調査票の点検・整理をして、市役所に提出していただきます。

応募できるかた

 

 ⑴ 市内在住の20歳以上で、市内での調査活動が可能なかた
 ⑵ 警察官、国税の徴収職員、地方税の徴税吏員でないかた


募集する人数

 
 25名程度


募集期限 

 
 平成30年6月29日(金)


お申込み


 総合政策部 企画政策課 行政調整担当
  電話:0480-92-1111(内線344)