白岡中学校周辺区域「事業化検討パートナー」募集について

本文にジャンプします
白岡中学校周辺区域「事業化検討パートナー」募集について
 本募集対象地である「白岡中学校周辺区域(pdf:347KB)」は、JR白岡駅西口北側に位置する約38haの区域です。本区域は、現在、大部分が農地として利用されていますが、市のほぼ中心に位置し、JR白岡駅にも近く、また、幹線道路へのアクセスなど優れた交通利便性を有しており、市のさらなる発展のために重要な区域であることから、白岡市では都市的土地利用を推進し、人やモノが集まる都市機能を集約させたいと考えています。
 そして、このまちづくりを実現するため、地権者で組織する『白岡中学校周辺区域土地利用協議会』と、市の庁内組織である『白岡中学校周辺区域土地利用推進プロジェクトチーム』とでまちづくりの検討を進め、本区域を土地区画整理事業等により市街化区域へ編入することを目指しているところです。
 その第1段階として、下記に掲げる目標を達成するために、土地利用協議会と市が一体となって、本区域のまちづくりを進めていただける事業化検討パートナーを募集するものです。

 詳細については、募集要項をご覧ください。

1 募集者及び事務局
  (1)募集者:白岡中学校周辺区域土地利用協議会及び白岡市
  (2)事務局:白岡市都市整備部付新土地利用推進担当


2 目標
  (1)都市計画(区域区分)の変更の案の申し出(都市計画法第15条の2第1項)
  (2)土地区画整理組合準備会の発足

3 総合振興計画土地利用基本構想上の位置づけ
  商業系土地利用区域・・・商業施設等の誘致を図ります。
  複合的土地利用区域・・・市民の生活利便性の向上に資する文教・福祉施設等の誘致を図ります。
土地利用基本構想図

4 事業化検討パートナーの決定までの流れ


 募集要項及び参考資料の配布

平成30年10月4日(木)~10月18日(木) 

 個別説明(希望者のみ)

平成30年10月15日(月)~10月24日(水)

 参加申込書の受付

平成30年10月19日(金)~10月31日(水)

 質問書の受付

平成30年10月19日(金)~10月31日(水)

 質問書の回答期限

 平成30年11月9日(金)

 提案書の受付

平成30年11月12日(月)~12月5日(水)

 一次審査結果の送付

平成30年12月25日(火)

 二次審査(プレゼンテーション審査)

平成31年1月27日(日)

 事業化検討パートナー候補者の選定

平成31年2月1日(金)

 事業化検討パートナーの決定

平成31年2月(土地利用協議会総会で決定)

 決定結果の通知

平成31年2月下旬

 協定の締結

平成31年3月以降

 ※上記スケジュールは変更となる場合があります。

5 審査結果
  厳正なる審査の結果、次のとおり事業化検討パートナー候補者及び補欠者が決定いたしました。
  今後、2月24日(日)に開催される白岡中学校周辺区域土地利用協議会総会において、候補者
 を事業化検討パートナーとすることについての決定を経ることとなります。


  候補者:東日本総合計画株式会社

  補欠者:日本測地設計株式会社・株式会社アイテック計画

 
6 事業化検討パートナーの決定

  2月24日(日)に開催された白岡中学校周辺区域土地利用協議会総会において、東
 日本総合計画株式会社が事業化検討パートナーに決定されました。

7 協定の締結

  3月14日(木)に、白岡中学校周辺区域土地利用協議会、白岡市及び東日本総合計画
 株式会社の三者間において、事業の推進に向けて協働し、誠心誠意取り組んでいくことに
 ついての合意がなされ、三者協定が締結されました。