ミュージアム・ゼミナール「縄文時代人の道具と暮らし」を開催しました!

本文にジャンプします
ミュージアム・ゼミナール「縄文時代人の道具と暮らし」を開催しました!
 1月17日(木)、24日(木)、31日(木)の午後7時から9時までの計3回、こもれびの森会議室2・3において、ミュージアム・ゼミナール「縄文時代人の道具と暮らし」を開催しました。
 歴史資料展示室の学芸員を講師に、定員を上回る11名が参加しました。
第1回「いろいろな縄文土器~関東地方を中心に~」
第2回「縄文土器の文様~文様帯構造論の実際~」
第3回「土器・石器・骨角器~実用具と祭祀具~」
 上記の3回実施し、実資料の熟覧や常設展示の詳細解説などの演習を含めた、高度な内容にもかかわらず、参加者は熱心かつ積極的に学習する様子がうかがわれました。
 アンケートでは、さらなる展開を求める声や、3回では短いなど、今後の講座開設に弾みがつく前向きな声をいただくことができました。