「八幡磯の谷」をのぞむ縄文時代の集落跡!(山遺跡第13地点)

本文にジャンプします
「八幡磯の谷」をのぞむ縄文時代の集落跡!(山遺跡第13地点)
 令和元年12月18日から令和2年1月21日までの約1か月間、個人住宅の建設工事に先だち、山(やま)遺跡(第13地点)の発掘調査を行いました。

 
         調査区全景                 発掘調査の様子

 山遺跡は白岡地区に所在し、過去の調査から縄文時代中期(約4,000年前)の住居跡(じゅうきょあと)が多数発見されるなど、同時期の大規模集落として把握されています。今回の調査地点は、遺跡の北端で「八幡磯の谷」と呼ばれる谷部に面した台地の縁辺に位置しており、調査では縄文時代中期の住居跡を2軒検出しました。
 住居跡の上層では縄文土器が集中して出土する箇所が認められ、当時の人々の活発な活動がうかがわれます。

 
          住居跡                  縄文土器の出土状況