ペアーズアカデミー「埼玉古墳群を知る」を開催しました!

本文にジャンプします
ペアーズアカデミー「埼玉古墳群を知る」を開催しました!

   1月29日(水)、31日(金)に、ペアーズアカデミーを開催しました。
 今回の講座では、2回にわたり行田市に所在する埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)について学びました。

 1回目では、県立さきたま史跡の博物館から講師をお招きして、埼玉古墳群の概要や調査で判明した成果、国宝金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)などの遺物について詳しく説明いただきました。

 2回目では、古墳群のフィールドワークを行いました。日本最大級の円墳の丸墓山(まるはかやま)古墳に続く道では、戦国時代に忍城(おしじょう)を水攻めする時に築いた石田堤(いしだづつみ)の跡も確認することができました。参加者は高さ約17mの円墳に登り忍城の御三階櫓を眺めました。

 続いて5世紀後半に作られたと推測される金錯銘鉄剣が出土した前方後円墳の稲荷山(いなりやま)古墳に登り埋葬施設の様子を見学しました。

 その他にも武蔵国で、最も大きな前方後円墳である二子山(ふたごやま)古墳など6基の古墳を見学することができました。
 また、さきたま史跡の博物館では115文字が刻まれた国宝金錯銘鉄剣や馬胄(ばちゅう)(馬用のかぶと)などを見学しました。

 参加者は、古墳の大きさに圧倒されるとともに貴重な出土資料を目の当たりにして感動している様子

でした。
参加者数:延べ37名

座学 石田堤

 「県立さきたま史跡の博物館講師による解説」         「石田堤の跡」

 

円墳 忍城
   「日本最大級の円墳:丸墓山古墳」       「丸墓山古墳から眺めた忍城御三階櫓」

 

稲荷山古墳 二子山古墳

     「稲荷山古墳の埋葬施設」        「武蔵国最大の前方後円墳:二子山古墳」