マイナンバー通知カードの廃止について

本文にジャンプします
マイナンバー通知カードの廃止について

法律の改正により、通知カードが令和2年5月25日に廃止となります。

 廃止後は、次のことができなくなります。

 ・通知カードの住所、氏名等記載事項の変更

 ・通知カードの新規交付

 ・通知カードの再交付

 ※なお、通知カード廃止後に、出生等で新たに個人番号が付与された方には、個人番号通知書が交付される予定です。

  ただし、個人番号通知書は個人番号(マイナンバー)を証明する書類としては使用できません。

通知カード廃止後の取扱い

 当分の間、通知カードが廃止されても、通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している場合は、

 個人番号(マイナンバー)を証明する書類として引き続き使用できます。

  

個人番号(マイナンバー)を証明する書類

 ・個人番号(マイナンバー)カード

 ・個人番号(マイナンバー)が記載された「住民票の写し」、または「住民票記載事項証明書」

 ・通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している通知カード