第2回「白岡遺産」活用ワークショップを開催しました!

本文にジャンプします
第2回「白岡遺産」活用ワークショップを開催しました!

 10月25日(日)に生涯学習センター〔こもれびの森〕2階の会議室において、第2回「白岡遺産」活用ワークショップを開催しました。
 このワークショップは、指定文化財や神社・仏閣などを核として、関連のある文化財や伝統行事、言い伝えなどを同じキーワードでつなぎ、それらを地域で護り伝えていく仕組みを見出そうとする取り組みです。
 今回は、前回のユニーク・べニューの考え方や実践事例を復習した後、「筑後様まつり」「興善寺の豆まきまつり」「元荒川の川下りによる観桜会」「白岡めぐり」といった市内で取り組まれている文化財活用事例について、関係者から概要を説明していただきました。また、既存活用事例の課題や新たに取り組んでいける事業構想について話し合いを行いました。

 活発な意見交換があり、充実したワークショップとなりました。

 

 次回は、11月29日(日)午後1時30分からの開催を予定しています。