ペアーズアカデミー「安心な生活と健康について考える!」を開催しました!

本文にジャンプします
ペアーズアカデミー「安心な生活と健康について考える!」を開催しました!

11月26日、12月3日、10日、17日、24日(全て木曜日)に、生涯学習センター〔こもれびの森〕多目的ホール(17日のみ会議室1~3)において、ペアーズアカデミー「安心な生活と健康について考える!」を開催しました。

 

 今回の講座では、「安心な生活と健康について考える!」と題して、1日目は埼玉県福祉政策課から講師をお招きし、虐待の種類、虐待の状況と県の取組、埼玉県虐待禁止条例、埼玉県虐待通報ダイヤル#7171などについて学びました。虐待の種類により相談・通報先が異なること、虐待のサインや気づくためのポイントを知ることで、虐待を身近なものと捉えることができました。

 2日目は埼玉県精神保健福祉センターから講師をお招きし、メンタルヘルス(こころの健康)を保つために大切な、ストレスとの向き合い方、睡眠・時間の過ごし方、対人関係・感情との付き合い方・お酒との付き合い方について学びました。また、精神保健福祉センターの業務内容についても御説明いただきました。

 3日目は2日目同様埼玉県精神保健センターから講師をお招きし、お酒と楽しく付き合う方法について、世界保健機関(WHO)が推奨する1日の適正飲酒量、お酒の飲みすぎで起こる病気などについて学びました。また、お酒の効用と害について自分で考え、実現可能な到達目標を立て、記録をつけていく節酒プログラムについて、体験をしました。

 4日目は埼玉県薬務課から講師をお招きし、埼玉県内の薬物事犯検挙者数の推移、規制薬物の種類と特徴、薬物乱用とは、埼玉県における薬物乱用対策について学びました。薬物乱用は規制薬物だけでなく、医薬品を正しい目的・方法ではない使い方をすることも含まれること、薬物乱用の先にある薬物依存と耐性、犯罪行為・事故などについて考えることができました。

 5日目はかぞヤクルト販売株式会社から講師をお招きし、年齢とともに変化するお腹の環境、おなかの仕組み、便は健康のバロメーター、腸のなかにすんでいる菌など、健康と乳酸菌について学びました。おなかの仕組みでは、小腸・大腸の長さについて模型を使ことで、実際の長さを目で見て体感することができました。また、椅子に座った状態で行う「おなか体操」(軽いストレッチなど)を行いました。

 

延べ参加者数:57名

perashukushi1   

pearshukushi5

 「健康と乳酸菌」(大腸の長さについて)