新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について(申請期限を令和3年11月末まで延長)

本文にジャンプします
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について(申請期限を令和3年11月末まで延長)
更新日 2021年9月3日

  緊急小口資金等の特例貸付について、総合支援資金の再貸付を終了した世帯や貸付について不承認とされた世帯に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「自立支援金」とします。)」を支給します。

1 対象者

 総合支援資金の特例貸付を利用したことがある世帯のうち、次のいずれかに該当し、かつ(1)から(3)のすべての要件を満たす方

 ・再貸付を借り終わった世帯や、11月末までに借り終わる世帯

 ・再貸付の申請が不承認となった世帯

 ※総合支援資金の再貸付の申請を行っていない場合は、この支援金の対象とはなりません。

 ※申請者は、世帯の生計を主に維持している方となります。

 ※生活保護受給中の世帯を除きます。

 (1)収入要件 

 申請月における世帯の収入が、次の額を超えないこと(月額)

 ・単身世帯:115,000円

 ・2人世帯:159,000円

 ・3人世帯:188,000円

 ・4人世帯:223,000円

 ・5人世帯:257,000円

 ・6人世帯:294,000円

 ・7人世帯:333,000円

 ※8人以上世帯の方はお問い合わせください

 就労等の収入

 給与収入の場合は、社会保険料等天引き前の総支給額(ただし、交通費は除きます)

 自営業の場合は、事業収入(経費を差し引いた控除後の額)となります。

 ※毎月の収入額に変動がある場合には、収入の確定している直近3か月間または直前の月の収入額から推計します。

 公的給付等

 雇用保険の失業等給付、児童扶養手当等の各種手当、公的年金など

 ※複数月分の金額が一括で支給される給付等については、月額で算定します。

 ※借入金や退職金等は収入として算定しません。

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時的に支給等されている給付金等は、収入として算定しません。

 (2)資産要件             

 申請日における資産額が、次の額を超えないこと

 ・単身世帯  :  468,000円

 ・2人世帯  :  690,000円

 ・3人世帯  :  840,000円

 ・4人以上世帯:1,000,000円

 ※資産額は、預貯金及び現金の額です(株式、投資信託、生命保険や個人年金保険等は含みません)。

 ※新型コロナウイルス感染症の拡大により臨時的に支給等されている給付金等は、資産に含みません。

 (3)求職活動等要件

 今後の生活の自立に向けて、どちらかの活動を行うこと

 ・公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申し込みをして、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

 ・求職活動が困難な場合には、生活保護の申請を行うこと

2 支給額(月額)・支給期間・申請期限

 (1)支給額

  ・単身世帯  : 60,000円

  ・2人世帯  : 80,000円

  ・3人以上世帯:100,000円

 (2)支給期間

  3か月

  ※再貸付の借入最終月に支援金の申請をされた場合は、申請月の翌月から3か月となります。

 (3)申請期限

  令和3年11月30日まで(郵送の場合、当日消印有効)

3 申請方法

 申請書等の必要書類をご記入のうえ、以下の書類提出先に郵送していただくか直接福祉課窓口に提出してください。

 ※埼玉県社会福祉協議会の再貸付を利用された方につきましては、「公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための

  預貯金口座の登録等に関する法律」に基づき、本市に情報提供を受ける予定です。

  該当するかたには、準備でき次第、個別にお知らせを送付します(申請書等の必要書類も同封します)。

 ※必要書類を郵送するかたは、レターパックや簡易書留、特定記録郵便など、記録が残る方法で送ってください。

  書類提出先

  〒349-0292

  埼玉県白岡市千駄野432番地

  白岡市役所 健康福祉部 福祉課 保護担当

  【必要書類】

  ・自立支援金支給申請書(様式第1号(その1))

  ・自立支援金申請時確認書(様式第1号(その2))

  ・ご本人確認ができるもの(申請者のかたの運転免許証やパスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)など)

  ・総合支援資金の再貸付決定通知書又は不承認通知書の写し

   ※紛失した方は様式第1号(その3)を提出してください。

    様式第1号(その3)が無い場合は、本市が確認を行いますが、添付資料がある場合よりも審査に時間がかかる

    ことがあります。

  ・申請月の収入がわかる書類(世帯全員分)の写し

  ・申請月の金融資産がわかる資料(世帯全員)の写し

  ・お持ちの金融機関口座の通帳の写し(表紙をめくり、金融機関名、支店、口座番号等が記載されている見開きの

   ページと、最新の残高がわかるページ)

   ※支援金の受取希望口座は、申請書(様式第1号(その1))に記入してください。

   ※WEB通帳の場合は、画面の写しで可

  ・ハローワークの求職受付票の写し

   ※求職活動が困難で、かつ生活保護申請中の場合は、添付不要です。

 申請書関係書類のダウンロードはこちら↓

 ○申請書関係

  自立支援金申請書(様式第1号(その1))(Excel)

  自立支援金申請時確認書(様式第1号(その2))(Excel)

  総合支援資金の再貸付の利用がわかる資料を紛失したかた(様式第1号(その3))(Excel)

 ○支給が決定した方は、支給決定後、毎月以下の書類を提出していただきます。

  自立支援金求職活動等状況報告書(様式第4号(その1))(Word)

  自立支援金に係る自立相談支援機関相談確認書(様式第4号(その2))(Word)

  自立支援金に係る公共職業安定所職業相談確認票(様式第5号)(Word)

  自立支援金常用求職活動状況報告書(様式第6号)(Word)

  自立支援金に係る常用就職届(様式第7号)(Word)

  

◎制度に関するご意見など

 【新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 相談コールセンター】

  電話 0120-46-8030

  受付時間 9時から17時まで(平日)

 参考  厚生労働省 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金特設ホームページ