令和4年度以降の成人式について

本文にジャンプします
令和4年度以降の成人式について
更新日 2022年1月13日

 民法改正により、令和4年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
 白岡市では、市内中学校生徒会(4校)、白岡高校生徒会及び白岡市PTA連絡協議会へのアンケート結果や、白岡市社会教育委員会議の提言、白岡市教育委員会の見解を受けて、令和4年度以降も現行どおり20歳を対象に式典を開催することとしました。

主なご意見

 ・18歳では、親の経済負担(入学金、学費、振袖代金の支払いが重なる)が大きいため。

 ・18歳は高校3年生で、多くが受験や就職に向けた時期となるため、本人・家族に精神的、

  経済的に負担が大きいため。

 ・民法改正で18歳に全ての権利が20歳の成人と同等に認められることではないため。

  (飲酒、喫煙、公営競技等)

式典年度と対象者

式典年度 対象者 
 令和4年度(令和5年1月実施) 平成14年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた方
 令和5年度(令和6年1月実施)

平成15年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた方

 令和6年度(令和7年1月実施) 平成16年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた方