6月は「特設人権相談所」を開設します。

本文にジャンプします
6月は「特設人権相談所」を開設します。
更新日 2022年5月11日

6月は「特設人権相談所」を開設します

6月1日の「人権擁護委員の日」にちなみ、通常の人権相談より開設時間を延長した「特設相談所」を次のとおり開設し、相談を受け付けます。

人権に関する問題について、困っていること、悩んでいることを人権擁護委員にご相談ください。問題解決のためのサポートをします。

○日付:6月10日(金)

○時間:午前10時~午後3時

○場所:白岡市役所 4階会議室402

○人権相談所のご利用について

  ご予約は不要です。当日、直接会場へお越しください。

  ご相談時間は1組様につき約30分となります。

  ご案内までお待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。

  相談料は無料です。秘密は厳守します。

 

≪ 感染症予防対策について ≫

人権相談は、感染症予防対策を講じたうえで実施しています。

相談される方におきましても、マスクの着用や手指の消毒等ににご協力ください。

また、発熱等の風邪症状がある方は、利用をご遠慮ください。

 

※ お詫びと訂正

広報しらおか5月号35ページ「6月の無料相談」の市人権相談の日時に誤りがありました。

お詫びして次のとおり訂正します。

誤:6月10日(金)午後1時~4時

正:6月10日(金)午前10時~午後3時

 

 

6月1日は「人権擁護委員の日」です

人権擁護委員とは?

 法務大臣から委嘱された民間ボランティアで、あなたのまちの相談パートナーです。

人権擁護委員法に基づき、市長が市議会の同意を得て推薦します。白岡市では4名の人権擁護委員が活動しています。人権に関するお困りごとは、お気軽にご相談ください。

 

人権擁護委員の主な活動

 法務局と連携し、人権相談や人権被害者の救済、人権のたいせつさを知ってってもらうための啓発活動などを行っています。

 

【人権相談】 

次のような内容での相談に応じています。

 ■いじめ、体罰  ■暴行、虐待  ■差別  ■名誉棄損

 ■プライバシーの侵害  ■セクシャル・ハラスメント

 ■インターネット上での誹謗中傷  ■近隣トラブル など

市人権相談

毎月1回「人権相談」の相談員として相談ごとに応じています。

○日時:原則毎月10日(土・日曜日、祝日の場合は翌開庁日)

○時間:午後1時~4時6月のみ午前10時~午後3時)

○場所:市役所4階 会議室

 相談料は無料です。予約不要、秘密厳守します。

 各月の日程など詳しくは「人権相談」←こちらをご覧ください。

 ※会場は変更となる場合もございます。事前に市広報紙やホームページ等をご確認ください。

子どもの人権SOSミニレター

 手紙による人権相談です。小中学校に「子どもの人権SOSミニレター」用紙を配布し、届いた手紙に返事を書いています。子どもたちの心に寄り添い、事案に応じて、救済に結び付ける取り組みをしています。

 

【救済】

 「人権を侵害された」という被害者から申告を受けた場合、法務局の職員と協力して、調査・処理に当たります。

 

【啓発活動】

人権教室

小・中学校を訪れ、相手を思いやることのたいせつさなどについて児童・生徒に伝える活動をしています。

全国中学生人権作文コンテスト

中学生が日常での経験などを作文にすることで、人権尊重の重要性・必要性を理解するとともに、豊かな人権感覚を身につけることを目的に実施しています。

その他

小学生を対象に香苗を配布し、子どもたちが協力して花を育てることで命のたいせつさや思いやりの心を育む「人権の花運動」やイベント会場での人権リーフレットの配布などの啓発活動をしています。