季節展示「白岡駅のあゆみ~開設111周年を経て~」を開催中です!

本文にジャンプします
季節展示「白岡駅のあゆみ~開設111周年を経て~」を開催中です!
更新日 2022年9月14日

 今年は鉄道開業150周年の節目にあたります。日本初の鉄道は、明治5年(1872)に新橋・横浜間に開業しました。以来、鉄道敷設や延伸、あるいは駅の設置は地域住民の並々ならぬ努力によって成し遂げられてきました。

 白岡市は今年、市政施行10周年を迎えますが、市の発展は駅の存在抜きに語ることはできないのではないでしょうか。歴史資料展示室では、昨年開設111周年を迎えた「白岡駅」にスポットを当て令和4年9月10日(土)から10月16日(日)まで、白岡市生涯学習センター〔こもれびの森〕1階の歴史資料展示室前にて季節展示「白岡駅のあゆみ~開設111周年を経て~」を開催中です。

 また、季節展関連イベントとして、9月17日(土)に定例展示解説「ハンズ・オン・デイ」において、「出発進行!白岡駅」を開催します。歴史資料展示室前で、午前10時から11時まで、午後2時から午後3時まで実施します。事前参加申し込みや参加費は不要です。どなたでも参加できますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

 展示では、昭和30年代の初代白岡駅木造駅舎を復元した模型も展示してあります。是非、懐かしの初代白岡駅に会いに来てください!